動画編集

初心者必見!動画編集ソフト「AviUtl」でカット編集をする方法

今回はフリーの動画編集ソフトであるAviUtlでカット編集をする方法を教えていきたいと思います。

まだAviUtlをインストールしていないよという方は先にダウンロードと設定を済ませてしまいましょう。

AviUtlでカット編集をする方法

カット編集をする準備

まず編集したい動画の動画ファイルと音声ファイルを拡張編集画面にセットしていきます。

最初に拡張編集の画面上で右クリックして新規プロジェクトの作成を選び、画像サイズ・フレームレート・音声レートを決めてOKを押します。

拡張編集の画面上で右クリックしメディアオブジェクトの追加>動画ファイルをクリックして選んでください。

すると動画ファイルの設定画面が表示されるので、下のほうにある参照ファイルをクリックして編集したい動画を選んでください。

音声ファイルも同様にメディアオブジェクトの追加>音声ファイルから音声を選択してください。

これでセットが完了しました。

カット編集の方法

ではここからカット編集をしていきましょう。

動画を再生してカットをしたいと思う区間を決めてください。

区間を決めたらカットする区間の最初に赤い線を合わせます。レイヤー上にあるオブジェクトの上で右クリックをして分割を選択してください。そうすると今まで1つだったオブジェクトが2つに分割されます。

同様にカットする区間の最後に赤い線を合わせて分割を行います。

動画ファイルと音声ファイルの両方を分割したい場合はCtrlキーを押しながら両方のオブジェクトを右クリックするとできます。

これでカットしたい区間を分けることが出来たので真ん中のカットしたい区間のオブジェクト上で右クリックをして削除を選択します。

赤い線で選択している部分は分割後に右側に含まれます。

 

あとは後ろのファイルを左クリックでドラックして前のオブジェクトにくっつけて完了です。

 

AviUtlでカット編集する方法は以上です。

おわり。